娘の脱学校シミュレーション

2020年08月28日 10:54

7月末から娘の「学校辞めたい」という思いが止まらない。


只今、小学4年生。


朝がっと起きると、

決まり文句のように

「学校辞めたい」と目も空いていない状態で

起き抜け第一声。


私は、毎朝聞く度に笑ってしまう






辞めてもいいよ~♪。

だけど、一応

日本では、中学校までが義務教育で

親は、

子どもが学ぶ環境を提供してあげる必要があることが
憲法で記されていることを

説明しておいた。


娘なりに、中学校卒業までは頑張ろうとしているみたいで

あと、〇年と〇か月・・・

みたいなことをブツブツひとりごとのように言っている。


最近では、中学卒業後のシミュレーションをしているようで

どれくらい家にお金を入れれば、家に居れるのか
(成人したら一般的に家を出るんだよと昔伝えたからか(笑))、

ひとり暮らしにはいくらぐらいお金がかかるのか、

自分が好きなことで生計を立てるには

どうしたらいいのか、


など相談される(笑)



一般的な情報を伝えて、あとは娘の中で妄想を巡らせている様子。



毎日そんな娘を見て、面白なぁ~となぜか不思議とクスクス笑ってしまう。

心の奥では、ワクワクウキウキしている私がいる。


中学校については、
角川ドワンゴのN中みたいな教育システムもあるので

娘が既存の中学校というものに違和感があるときに

そういう別の手段もあることを紹介しようかなと思う。


これからますますそういう新しいスタイルの学校は出てくると思うので、
小学校高学年になったらきちんと説明してあげようと思います。




まずは大好きな絵をたくさん描きたいという娘ちゃんに
最近デジタルでイラストが描ける
ペンタブレットを購入。

家の中にはすごい量の書き上げたイラストがそこら中に。

片付けるけど、捨てないと家がごみ屋敷になるので、

私が気に入っているモノだけ飾りあとは娘の許可を得て処分している。


デジタルなら捨てる必要もないし、

いろんな手段で自分を表現できる環境を整えてあげたいなと。

まぁ、私に応援できることはこれくらいかな^^

娘の人生、ちゃんと自分で進もうと試行錯誤している模様。


すこし遠くから見守っていきたいと思います。


さて、私は今日も何をしたいかな?

うーん、、、

クッションカバーでもぬいぬいしようと思います^^♬




前のページ
好きを応援する
一覧へ
次のページ
記事はありません
記事一覧を見る

powered by crayon(クレヨン)