スピリチャルから見た子供にとっての運動

2019年11月22日 08:46
カテゴリ:宇宙育児

(過去のアメブロ記事からの記事抽出)

特に今の子どもたちは意識が開いた状態で生まれてきており

オーラをみると、エネルギーが上に行きやすい傾向があります。

 

エネルギーが上に上がると、

地に足がついていない状態で

言動がふわふわしがち、心ここにあらずのような状態になります。

集中力がなかったり、衝動性が高かったり、多動だったり。

 

特にいわゆるADHDと言われる子どもたちはその傾向が強いと

思います。

 

その場合、お薦めなのが運動です。

 

運動することによって下位のチャクラ(第一、第二チャクラ)が

活性化され、彼らを取り巻くオーラが下がるからです。

地に足がつく状態ですね。

 

我が子は、運動音痴で運動することが嫌いですが

幸いスイミングはとてもフィットしたようで、毎週1回通っています。

 

特に1年生の頃は、帰宅後宿題に集中できず、

簡単な漢字(5つ程度)の書き取りに2時間も要していました。

 

ただ、スイミングに行き始めたころから、

 

スイミングから帰ってくると、すごい集中力で

15分程度で終わることができるようになり、本人も驚いていました。

 

それからは帰ってきたら、まず外で友達と遊び、

帰ってきてから宿題という流れに変えました。

 

疲れて帰ってきた方が宿題がすぐ終わるというのは

不思議なようですが、上記エネルギーの仕組みで考えると納得。

 

またスイミングは、水の中での運動になり、

 

大きな声では言えませんが、

 

水を媒介して

他の人のエネルギーも享受してくるというのもあるのかもしれません(汗)

 

 

今は小学校中学年になり、上記感覚に慣れてきたようで

帰ってすぐ宿題をしてもすぐ終わるようになりました。
 

#ADHD#第二チャクラ#オーラ#グランディング#宇宙育児#リーディング#エネルギー#スイミング#発達障害#カウンセリング

記事一覧を見る

powered by crayon(クレヨン)